2014年06月28日

おてんとうさまがみてる

なんか、まわりの人から色々と見聞きしてると、

損というか、面倒な生き方してんなー、と思うことが増えてきた。

自分がどんどんいい加減になってるってのもあるけども、


なんだろう、

とりあえずオレが声を大にして言いたいのは、

自分の価値なんて、自分で決めちゃっていいんやで、ってこと。



そりゃ人間、立場や環境で、
人と比べられたり、人に評価されたりっていうことからは逃げられないけど、

そういうしがらみを抜きにした、
裸の自分の価値なんてものは、自分で決めちゃっていい。


あ、「裸の自分の価値」だからね。
「自分の裸の価値」じゃないからね。勘違いしないように。

(「自分の裸の価値」が知りたい人がいたら、
 それはそれで個別で対応いたしますので是非写メをお送り下さい)


そして、こんな大事なこと、
他人に決めさせちゃいけない。

異性にフラレたりすれば、
この世の終わりみたいな気持ちになって、
自分が無価値のように思うこともあるけど、

それって自分の価値の判断を、
相手に委ねちゃってるってことなんだよね。



いいんだよ、人なんて、
自分の良心に恥じない生き方さえしてれば、
お天道様に胸を張れる自分であれば、
魂の部分でまっすぐであれば、
もうそれで十分。

自分の魂に自負を持てれば、
ずっと肩の力を抜いて生きられる。


そしてその自負は、芯になって背骨になって杖になって、
どん底でも自分を支えてくれる。


良心に従い「地球は回っている」と言ったガリレオは、
きっと牢獄の中でも誇らしかったと思うんよ。


もちろん人間だから、
間違ったり失敗したりもするし、

自分に足りなかったり、
直さなきゃいけないところがあるなら変えて行かなきゃならないけど、


根っこの部分では自負を持って生きていこうよ。
posted by Kazuki at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

Everything(it's you)

弾き語り14曲目。

ついにミスチルにチャレンジ。



ちょいとノドの調子がアレですが、
今の実力だとこれが精一杯だと思ったのでそのままUP。

何度も撮りなおして、でもこれが今は限界。
その内リベンジしたい…。

ミスチルは名曲ぞろいなので、
実力が追いつけばもっとやりたいです。
posted by Kazuki at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

酒と泪と男と女

弾き語り13曲目。

たまには演歌も、ということで、

河島英五さんの「酒と泪と男と女」。
もうこういうの歌っても違和感のない年頃なんやな。



上手に歌えたかな。

河島英五さんは若くして亡くなったんだよね、
惜しい人を亡くしてしまったなあ。
posted by Kazuki at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。